新着記事は ココから、、、
トレーラーのバックカメラ

 

我が家のトレーラーには、バックカメラを2つ付けてあります。

1つは、バックするのに必要なトレーラーの後ろ下を映すカメラ。

2つ目は、ルームミラーと同じよう後方を映すカメラ。

その2つが今年になって 3月のRVパーク七里川に行った時と6月のゆずの里に行った時に原因不明で映らなくなりました。

 

 

その2回の間に出かけた時は、何もしないのに普通に映っていたんですが、、(‘∀’;`)

でもそんなことが これからもあると、イヤなので「トレーラーの後ろ下を映すカメラ」だけは 配線もカメラも全く新しいモノに交換しました。

バックカメラ用ワイヤレストランスミッター

ルームミラー用の映像のカメラ(配線も)は取り外したんですが、また何かの原因で「トレーラーの後ろ下を映すカメラ」が映らなくなると困るので、万が一のことを考えて ワイヤレスでカメラとモニターを繋ぐトランスミッターを購入して予備的に取付けてみました。

これが、バックカメラ用トランスミッター。でもこれって、電波が飛ぶ距離が5メートルくらいらしいので、トレーラーの後ろからヘッド車のダッシュボードまでは届かない(トレとヘッド車を繋いだ時の全長は13メートルくらい)ので、トレーラーの後ろにカメラを取付けて、映像線をトレーラーのトランクまで引き、そこにトランスミッターの送信機を取り付けました。そしてヘッド車側は、モニターからバックドア付近まで映像線を引いて受信機を取り付けて、電波の飛ぶ5メートル以内にしました。

 

こんなことをするんだったら、トランスミッターなんか使わなければイイんじゃない? って思うかも知れませんが、今まで映らなくなったのは、ヘッド車とトレの映像線とカメラ電源の接続部分が原因じゃないかと思っているので、その接続部分をトランスミッターにすれば、、、って考えて、この方法をやってみました。

バックカメラの電源の取り方

だた この方法だとトレのカメラの電源をどうしようか?ってことになったんですが、キャンプ仲間がトレのスモールと連動させているってことで同じ方法でカメラの電源をとることにしました。

この方法だと、カメラの映像を見たい時には、スモールライトを ON にすれば トレーラー側のカメラと送信機に電源が行くので OK でしょう。(*^-^*)

まだ実際には、ヘッド車とトレを繋いでいないので、本当に映るのか?、またどのくらいの解像度で映るのかは 試していません。(‘∀’;`)

実際に試した時は、また記事にしますので、それまで待っててください。(笑

 

今回、取り付けた「バックカメラ用ワイヤレストランスミッター」は ↓